藤公園藤まつり2020(和気町)は中止になりました

 

藤公園藤まつり案内

和気町の藤公園の一大イベントである「藤まつり2020」が新型コロナウイルス感染防止のために中止になってしまいました。

期間中藤の花は綺麗に咲くでしょうが、公園内は入り口も封鎖して立ち入り禁止にするそうです。

そうでもしないとみんな見に来てしまいますから仕方ないことですが、日本の伝統文化まで壊してしまうコロナが憎いですね。

楽しみにしていたので残念でなりません。

藤まつり2019の様子

和気清麻呂像和気神社

初代“岡山の奇跡”(当時「備前国」)と呼べる存在の、和気清麻呂像。

その和気清麻呂を祭る和気神社が藤公園の隣にあり、その入り口にこの和気清麻呂像が威風堂々と建立されています。

備前国から死にたいくらいに憧れた花の都(当時)である奈良の平城京へ「上京」し、平安貴族としてのキャリアをスタート。

怪僧・道鏡の「民間人初の天皇即位」の野望を阻止し、平安京への遷都・造営を導いた古代史のヒーローです。

794(なくよ)ウグイス、・・・ホーホケキョウ。

和気清麻呂記念碑

和気清麻呂の記念碑。

和気町にとっての誇りなんだろう。

和気藤公園周辺

 

藤公園周辺は民家がチラホラある程度で、あとは緑あふれる自然の世界。

ちなみに、コンビニやスーパーの類は山陽本線より南側に行かないと全く存在せず、

公園周辺3~4㎞は全くありません。

厳密には酒屋が1軒とホームセンターの「コメリ」が1軒あるだけです。

藤公園入口

藤公園の入り口。

ここから藤の花の雨がずーッと続きます。

たまりません。

藤公園脇道

ちょっと脇から入るとこんな感じ。

緑の山と紫の藤の花の対比がマーベラス。

藤の花の滝

藤の花が滝のよう。

頭がフラフラしてきた...。

藤の花側面から

側面から撮った藤の花。

画像で見るぶんには綺麗だけど、実際現場ではクマバチがブンブン飛び回っています。

クマバチは大人しくすぐ近くに寄っても全く人間には襲ってこないですし、そもそもほとんどがオスでありオスは毒針を持っていません。

だからみんな平気でクマバチの至近距離で藤の花に触ったりしていました。

ただメスは毒針を持っていて巣に近づいた場合のみ刺すことはたま~にありますが、藤の花の周りに巣があることはまずありまへん。

藤公園の藤の花の蜜を吸うクマバチ

これがそのクマバチが藤の花の蜜をおいしそうにチューチュー吸っていらっしゃるご様子。

こうして見ると可愛いべ?

ミツバチハッチ(だっけ?)みたいでさ。

ミツバチマーヤだっけ?

見たことないからよくわからないけどハチが主人公のアニメあったよね?

下から見上げる藤の花

下から見上げる藤の花はこんなに綺麗。

青い空とのコントラストがエクセレント。