SPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)はUber Eatsや出前館との手数料比較でも圧倒的魅力!

飲食店舗のコロナウイルスによる苦難を応援しようと、

コワワーキングスペース(レンタルスペース)を運営している「株式会社スペイシー」が、

SPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)」という飲食店舗のテイクアウト&デリバリーアプリをスタートさせました。

 

コロナウイルス問題で飲食業界は最も致命的なダメージを受けている現状で、

特に大都市圏の飲食店は極めて苦しい状況下にあり、

国としても支援策を求められている現状でした。

 

このアプリが、かつてない危機に直面している飲食業界の救世主になるか注目を集めています。

そして、それだけの期待ができるサービスなのです。

 

テイクアウトアプリ「SPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)」の特徴

 

スペイシーテイクアウトの特徴は主に4つあります。

このどれもが魅力的なものになります。

 

・業界最安値の決済手数料5%!

 

スペイシーテイクアウトの手数料は、売り上げの5%だけで良いのです!

これははっきり言ってとんでもない安さです。

この程度の手数料だけで対応してくれるサービスは他にないでしょう。

これで利益が取れる仕組みを株式会社スペイシーは持っているからこそ実現できたものです。

 

・様々な注文の場面に対応

 

受けられる注文はテイクアウトだけではありません。

デリバリーや店内での注文にまで対応できるので、

接客やレジ対応の人件費労力を省くことまでできるのです!

こんなサービスは地球上で初じゃないでしょうか?

 

・非接触で衛生的なキャッシュレス決済

 

何かと接触が不安になってしまう現状ですが、

スペイシーテイクアウトでは様々な各種オンライン決済に対応しているので、

オーダーメニューの受け渡し以外では直接接触を避けたやり取りが可能になります。

 

・100言語以上に対応

 

おそらく東京オリンピック2021(?)も見据えてのことでしょうが、

様々な国の外国人も気軽に来店できるよう100以上の言語にも対応しています。

随時更新されていくので、日本に来るほとんどの外国人の対応が可能になります。

 

スペイシーテイクアウトとウーバーイーツと出前館の手数料比較

 

飲食店オーナーとしては気になるのはその手数料負担です。

コロナウイルス問題で休業や廃業する飲食店が続出する中で、

外出自粛によりデリバリー需要が急速に高まっていることもあり、

ウーバーイーツはかなりの増益のようです。

 

肝心の手数料比較は以下↓の通り

名称 手数料
SPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト) 売上金の5%(初期登録・月額費用はなし)
Uber Eats(ウーバーイーツ) 売上金の35%(初期登録・月額費用はないが、運用に必須のタブレット端末をレンタルする場合は月1,700円
出前館 初期登録費用3,5000円+月額掲載料3,000円

ご覧のように、スペイシーテイクアウトのコスパの良さが際立っている。

特に、ウーバーイーツとの差は圧倒的に大きいです。

 

ウーバーイーツは原価の高い食材を使ったメニューだと完全に赤字になってしまう手数料が発生するが、

スペイシーテイクアウトであれば極端な原価率でない限り確実に利益は取れます。

 

もちろん、ウーバーイーツはデリバリーの労力まで加味した金額だったり、

出前館はただ掲載するだけの媒体だったりと、

一概に比較は難しいが、

テイクアウト・オーダー・デリバリー・決済・集客のやり取りを全てスマホ1台で完結できるスペイシーが一番コスパが良いでしょう。

 

 

飲食店のマーケティングサービスをしている身として、

このコロナ問題による飲食店の苦境は歯がゆくて仕方なかったので、

このようなサービスは大いに応援したいと心から思っています!

 

 

SPACEE TAKEOUT(スペイシーテイクアウト)の詳細は↓で確認できますよ

今日から始めるテイクアウト|SPACEE TAKEOUT

導入費・販売手数料0円、決済手数料5.0%。スペイシーテイクアウトなら、事前決済でオーダーが入るから安心して調理できます…