HSPはよく寝るのが一番!疲れの取り方を自己体験から紹介!

HSPの症状がある場合は、よく寝ることが疲れの取り方としてはベストだと自己体験から感じています。

HSPに悩んでいる人はかなり多く、そもそも僕自身がHSPなのでその気持ちよくわかるんです。

『世界一受けたい授業』でも取り上げられたことは、それだけ関心が高まっていることを示していますね。

この記事を読めば、なぜ良く眠る必要があるのかと、HSPによる疲れの取り方がわかります。

HSPの疲れの取り方として、「よく寝る」以外の様々な対策を紹介します。

辛いHPSに疲れたときに役立つ情報をすべて実体験からお伝えするので、のんびり気楽に読んでみてください。

まずはHPSのチェックをしてみよう!(大人も子供も)

HSPかどうかを判断するのは簡単で、以下の4つの特徴に“1つでも”当てはまっていなければあなたはHPSではありません。

つまり、以下4つ「すべて当てはまる」のであればHPSということになります。

HSP4つの性質
  • 物事を深く考えすぎて行動力・決断力がない
  • 感受性が強すぎて過剰に刺激や影響を受けやすい
  • 同情や共感する心が強く、他者へ過剰に感情移入したり気を使いすぎてしまう
  • 五感が極めて敏感で、小さなことが気になってしまう

どれか1つでも当てはまるなら、HSPと考えて良いでしょう。

 

HSPとうつ病の違い

まず、HSPは病気ではないのでうつ病とは全く違うものです。

うつ病 ⇒ 生きていく中で直面した様々な経験から発生する後天的な心の病気
HSP ⇒ 生まれつきの先天的特徴であり、「個性」の1つ

なので、一種のパーソナリティだと受け止め、それと向き合っていくことが必要です。

あがいたところで簡単にどうにでもなるものでもないですから。

まずは、あるがままにいきましょう。

Let it be

 

HSPの疲れの取り方10選!

 

HSPに疲れたとき、実経験・実体験で身をもって効果的だと痛感できたことを10個紹介します!

どれも決して難しいことではないので、ぜひ試してみてください

 

・よく寝る

 

 

結論から言えば、HSPの最善の対処法は「よく寝る」こと。

なぜなら、睡眠は身体だけでなく脳の疲労も回復してくれるからです。

 

そもそもHSPの人は睡眠時間が長く、なかなか起きられない人も多いんです。

その反面、我慢しすぎると眠りが浅くなってしまう人もいるのが難しいところですが。

 

これはHSP以外にも言えることですが「質の高い睡眠」は意識する必要があります。

夜も0時くらいまでには寝て、朝早く起きるサイクルはとても大事です。

 

実際に、自分でも0時前に寝て、朝6時くらいに起きる時は素晴らしく気分も体調も優れています。

そんな日は、1日元気に快適に過ごせるものです。

 

「睡眠時間」よりも「睡眠時間帯」というものを重視すると良いでしょう。

ただ、仕事柄それが簡単でない方もいるでしょうから、他にも疲れの取り方をいろいろ紹介します。

 

・カフェインを控える

 

 

HSPの人はカフェインを摂取するとその覚醒効果が強すぎます。

夜眠れなくなるので、極力控えることと、寝る8時間前からは一切摂取しないように留意しましょう。

  • コーヒー
  • 緑茶
  • 麦茶
  • ハーブティー
  • エナジードリンク

これらの飲み物が好きな人は、辛いかもしれませんが飲む量を控えることをおすすめします。

特にエナジードリンク。

 

・ネット(スマホ)を見すぎない

 

 

長時間のネット(スマホ)の見過ぎはHSPに限らずマイナスでしかありません。

まずブルーライトを浴び続けることで、睡眠の質が悪くなります。

 

睡眠の質は眠り始めの30分に良い眠りでスタートできるかどうかにかかっています。

しかし、ブルーライトを長時間浴びてから、大して時間も経過していないうちに眠ると寝つきが悪いのです。

 

それだけでなく、ネット上には嫉妬や憎悪、悪口誹謗中傷、デマや扇動等汚い言葉が溢れています。

繊細で感受性の高いHSPの人にはそういうものは不快で深く傷ついてしまうことが多いのです。

 

そういうものでストレスを受けたり、傷ついたりすると余計に睡眠の質が悪化します。

しかも、それを翌日以降も引きずってしまうのです。

  • 2ちゃんねる(5ちゃんねる)
  • まとめブログ
  • ママスタ
  • ガールズチャンネル
  • YAHOOニュースのコメント欄

あくまで代表的なものですが、これらのような匿名で言いたい放題言える系の掲示板やコメント欄は、

基本的に嫉妬と憎悪に満ち溢れ、自分の嫌いな人を叩くための場所みたいになっています。

 

基本的にこのような場所を見なくても生活上全く問題はありません。

寧ろ、惰性で見てしまっているだけの人がほとんどですし、見たところで何か役に立つ場所でもないでしょう。

 

「暇つぶし」ならもっと「心に良い」時間を過ごした方が繊細なHSPの人には理想的なのです。

難しいことはなく、自分の好きなものや楽しいもの、美しいものや可愛いものだけを見ていれば良いのです。

 

「汚い場所」を無意味に毎日長時間も見続けるのは止めましょう。

その積み重ねがあなたの精神も時間も膨大に削り取ってしまうだけです。

 

・悲しいストーリーやバラードは極力避ける

 

 

HSPは共感力が極めて強く、感情移入の度合いも尋常ではありません。

映画やドラマや小説やマンガを見たり読んだりするにしても、

やはり楽しいものや感動するものなど心が高揚したり充足感に満たされるものを選びましょう。

 

要するに「ハッピーエンド」の作品を極力求めるようにすれば良いのです。

主人公やヒロインが死亡して終わるような作品などはおすすめできません。

その悲しみだけでなく、死亡した登場人物の痛みや辛さまで過剰に感情移入してしまいます。

そして、それを「自分のこと」のように受け止めてしまうから厄介なのです。

 

結果的に、それはストレスに繋がってしまいます。

脳にも決して良くはありません。

2ちゃんねるとか2ちゃんねるまとめブログのようなものと一緒とは言いませんが、

バッドエンド系の作品を見るメリットは個人的にあまりないと思います。

 

音楽も同様です。

悲しみだけを押し付けるような曲はあまり聴きすぎない方が良いでしょう。

 

ただ、音楽にはヒーリング効果があり、音楽自体は極めておすすめなのです。

自分が聴いていて心地よい曲であれば寧ろどんどん聴くべきです。

 

バラードにも心がしっとりするようなバラードもありますから、それなら良いのです。

ただ、メロディも歌詞も悲しくて救いがないだけの曲を聴きすぎるのは考え物です。

 

それを聴いていて心地よいというのであれば無理にヤメロと言うこともないですが、

あまりそういうケースもないでしょうからね。

 

・「懐かしいもの」に浸りすぎない

 

 

あとは、幼い頃に聞いていたヒーローソングやアニメソングも良し悪しです。

それで気分が高揚するならおすすめできますが、

「懐かしくて涙が出る」とか感傷的になり「あの頃に戻りたい」という思考になるならやめた方が良いでしょう。

 

ヒーローソングもアニメソングもOP曲は気持ちを高めるように作られているので良いですが、

アニメなどのエンディング曲は妙にしっとりしたバラード調のものであることが多いので、

HSPの人は「郷愁過剰」⇒「過剰懐古主義」⇒「現在の否定」というスパイラルになりかねないので、

どうしても聴くなら暗くなる要素のないウルトラマンの主題歌かアンパンマンのマーチくらいにしときましょう(笑)

 

過去ばかり振り返って美化して、「今」を否定ばかりする思考は「内向き」とほぼ同義です。

HSPの人は内向きに偏りがちなので、余計に注意が必要です。

 

・日光(紫外線)を浴びる

 

 

昨今、様々な場面で日光(紫外線)を浴びる重要性が発信されていますよね。

特に、女性は20年来の美白ブームですっかり「日光」を忌み嫌うようになって久しいです。

 

ただ、日光を浴びることで人間の幸せホルモンが活性化します。

特に朝日や午前中の日光はとても良いのです。

 

・軽めの運動をする

 

 

日光を浴びるのと共に推奨したのが「軽めの運動」です。

これはキツくてストレスを感じないレベルのもので良いのです。

 

言ってしまえば、日光を浴びながら「散歩」をしましょうということです。

もちろん、平日が仕事であれば簡単にできないものではありますが、

朝の通勤時間も一駅分歩くなど工夫次第でできないこともありません。

 

とにかく難しいことを考えず、「歩く」だけで良いのです。

好きな音楽を聴きながら、日光を浴びて歩くのが理想ですね。

 

運動不足はHSPを確実に悪化させます。

これは実体験で痛感していて、屋内ばかりに籠っていると精神面までどんどん内向きになっていきます。

人間の遺伝子的に、ずっと引きこもって生活するのは望ましくないようにできているんでしょうね。

 

・自然に触れる

 

 

緑と鳥の鳴き声のセットはHSPで疲れた心をリフレッシュしてくれます。

近場に緑あふれる公園や森や林や丘や山などあれば、ウォーキングも兼ねて行ってみましょう。

 

日光を浴びながら、好きな音楽を聴きながら行くのが理想的です。

HSPは都会で多くの人の中で行動することが苦手ですから、その真逆のことをすれば脳が満たされて充足感を得られます。

 

・恋愛をする

 

 

HSPに恋愛や結婚は無理じゃないかと思われがちですが、HSPでも恋愛や結婚をしている人はたくさんいます。

HSPということは、それだけ「相手の気持ちを思いやれる」性格の持ちなんです。

 

そんなあなたって、異性から見ればとても魅力的な存在なんですよ。

それだけ自分のことを思ってくれる相手なんてなかなか見つからないですからね。

 

これって、自分のことに置き換えてみるとよくわかります。

自分のことを理解してくれて、強く配慮してくれる相手・・・つまり自分みたいな性格の異性なら付き合いたいと思いませんか?

そこまで思ってくれる相手なら、外見が好みかどうかなんてそこまで重視しないでしょう。

 

ここで否定する人もいるでしょう。

「こんな細かい人間なんて付き合いたくない」みたいなね。

 

でも、それはあなたがあなた自身の・・・つまり、HSPの長所を理解できていないだけのことです。

「相手を思いやれる性格」は立派な長所です。

 

それができない人は恋愛も結婚も上手くいかないのです。

寧ろHSPの人は“恋愛向き”な性格なんです。

 

自分から愛を与えれば、相手も愛を返したいと思います。

人の心をつかむには「自分から先に与える」ことです。

愛を与えれば愛で返したくなるのが人間です。

それは「返報性の法則」というものです。

 

愛する恋人の存在が、内向きな心を開放してくれます。

1人でふさぎこんでいるより、確実に良い影響がありますよ。

 

逆に恋愛をしていないと、ますます自分に自信がなくなります。

自信がなくなればなくなるほど、HSPもどんどん深まるばかりです。

 

特にHSPの男性はモテると言われていますね。

相手の気持ちを理解できて、話も聞き上手ですから女性にウケないわけではありません。

HSPじゃない男性なら、女性を傷つけることどんどん言っちゃいそうですよね?

それがないだけでも圧倒的なアドバンテージがあるじゃないですか!

 

ではHSPの女性にはメリットはないのかと言えば、そんなこともありません。

男であるこのオレから言わせれば、HSPの女性こそ理想の嫁さんタイプです。

自我が強くて、何でもオラオラ毒吐きまくる女性より、相手の気持ちを理解してくれて配慮できる女性の方が良い。

それはもう言うまでもないことですよね。

 

・好きなことに夢中になる

 

 

人間は暇があるから余計なことばかり考えてしまう困った生き物なんです。

だったら、余計なことを考える暇がないほど夢中になれるものを何か持ちましょう。

 

趣味でも自己啓発でも自分が楽しみながら時間を忘れて没頭できるようなものが良いです。

1つでもそういうものがある人は、余計なことであれこれ考えすぎたりしないのです。

 

これを言うと「何もない」と言われることが多いですが、そんなことはありません。

必ず何かあるはずです。

 

今既に持っている趣味があるならその趣味をとことん突き詰めれば良いですし、

なければ何かしらやってみたいと思っていたことはあるはずです。

ただそれをやれば良いだけです。

ただ、それに熱中すれば良いだけなんです!

 

HSPの克服はできるのか?

 

 

自分自身がHSPに苦しんできて思うのが、先天的な特性であるHSPを克服することなど可能なのかということです。

これって、黄色人種である自分が白人や黒人になりたいと思うくらい難しいんじゃないかとも以前は考えていました。

 

しかし、今では「克服できる」と思っています。

そのために必要なものは「自信」なんです。

 

自分に圧倒的な自信があれば、些細なことを細かく気にする必要がなくなります。

だから、今の自分に自信が持てるようになれるようオレは精一杯生きています。

 

余計なことを考えないように、自分が億万長者になるための勉強を日々継続しています。

金が全てじゃないと言っても、金は最高の精神安定剤である側面があるのも事実です。

 

金を掴んでみて、初めてその先に見える世界ってやつを見てみたいんですよ。

それが見えた時、オレはHSPを完全に克服できるんだろうなって思っています。

 

「んなわけねーだろ!夢見てんじゃねーよ」って思うかもしれませんね。

でも、大事なことはそう信じて余計なことを考えずに突き進むことじゃないでしょうか?

 

今学んでいることは、仮に億万長者になれなくても確実に今後の人生に役立つもの。

決して無駄な時間を過ごしているわけではないんです。

 

自分が興味を持てる分野でもあるから学んでいて楽しいし、全く苦痛はないです。

夜も快眠できているので、何か「好きなこと」に没頭するのはすごくおすすめできます。

 

HSPは人間として劣っていると否定的に捉えがちですが、長所だってだくさんあります。

創造性や発想力は非HSPの人より上回っている傾向はありますからね。

 

2020年以降は「個人」の時代だと思っています。

圧倒的な創造性を持った個人こそ大きく成功できる。

HSPのあなたにもその大きな可能性が眠っていると考えてください。

オレはいつも「HSPで生まれてきて良かったな」と思っています!

 

HPS疲れにはとにかくよく眠ることです。

まずは睡眠の質を上げることだけでも意識してみてください。