ドラゴンボールが「世界4大アニメ」に選ばれる!

ロンドンのサッカーメディア「B/R Football」が「もしも、世界中で愛されている人気アニメのユニフォームがあったら」という企画を実施しました。

コロナ問題で欧州各リーグも中断が続いていて、ネタのない「B/R Football」も過去の名選手の名シーンなどを特集するなど様々な企画を打ち出しています。

その中で唐突に生まれたのがこの企画です。

「もしも世界的人気アニメをモチーフとしたユニフォームがあったらどうなるのか?」というもの。

「世界4大アニメ」に選ばれたのは?

その「世界4大アニメ」に日本が誇るおそらく日本漫画史上最も成功した漫画作品と言える『ドラゴンボール』が選ばれたわけです。

厳密には『ドラゴンボールZ』(漫画『ドラゴンボール』アニメ版の一期間の番組タイトル)です。

『ドラゴンボールZ』

『サウスパーク』

『ザ・シンプソンズ』

『ボージャック・ホースマン』

上記4作品が選ばれました。

 

ノミネートに関しては『ドラゴンボールZ』と『ザ・シンプソンズ』は文句なしでしょうが、それ以外はまだ他にあるだろうと思う方がほとんどでしょうが、

とにかくこれが「世界4大アニメ」だと、あの「B/R Football」が判断したわけです。

この世はでっかい宝島です。

細かいことを考えず頭からっぽの方が夢詰め込めるんです。

 

『ドラゴンボールZ』仕様のユニフォームはこちら

で、肝心のユニフォーム。

悟空が着てくれています(投稿クリックで下も見えます)↓

悟空みたいにワクワクしてきましたか?

・・・敢えてコメントは控えておきましょうか(笑)

セリエAのレッチェに近いユニフォームですね。

イタリーでも『ドラゴンボール』は大人気ですからレッチェサポーターは嬉しいんじゃないでしょうか。

 

給与7割減を申し出て、1億2,000万円を寄付したメッシ

サッカー界のスーパースターリオネル・メッシ選手らFCバルセロナの選手は給与7割減をクラブ側に申し出ています。

現状、スペインリーグも中断中で再開のメドが全く立たず、クラブ側も巨額の損失は避けられない現状です。

そのことを感じたバルサのスター軍団が7割もの報酬減を自らクラブ側に申請したわけです。

その行動には称賛の声が絶えません。

 

さらに、メッシは個人でも母国アルゼンチンと、現在の生活拠点であるバルセロナの病院に1億2,000万円の寄付をしています。

メッシは東日本大震災の時も日本に来日して励ましてくれたり、寄付をしてくれたりしましたね。

心優しい選手なんです。

サッカー選手はセルフィッシュな選手も多いんですが、メッシは本当に「慈悲の心」が強い日本的性格があります。

 

日本もJリーグやプロ野球が再開できそうにない現状です。

特に日本の場合は、プロ野球で高額年俸をもらっている選手はさすがに同じ金額を貰うことはできないでしょう。

世界的にこのようなケースが発生すると思います。

ただ、逆にまだ年俸の少ない若手選手にまで負担を強いるのも酷ではありますし線引きが難しいですよね。

 

暗い気持ちは「メッシの5人抜き」で吹き飛ばそう!

 

メッシと言えば母国アルゼンチンの英雄であるディエゴ・マラドーナを彷彿とさせる「5人抜きゴール」を決めた過去があります。

FCバルセロナは公式Twitterアカウントでその時の動画をUPしてくれています。

これも試合開催ができない状況でのファンサービスの一環ですね↓

マラドーナはこれをW杯の本選でやったわけですから、一概に比較もできませんが、

ボールを受け取った位置や、最初の選手の抜き方、同じ左利きで小柄で俊足でドリブラーという点などかなり類似性が多い「ゴラッソ(スーパーゴール)」です。

ただ、いつ見ても4人目のDFがザルすぎる(笑)

それだけメッシのトップスピードが速かったということなんでしょうけど。

とにかくこんな時は名選手のスーパーゴール集を見るとスカッとしますよ!

スーパースター選手だったフランク・ライカールト監督もこのメッシのゴールには大喜びしていますね(笑)