【主治医が見つかる診療所】で紹介された自然とやせてお腹が引っ込む食材

『主治医が見つかる診療所』で自然とやせてお腹が引っ込む食材3点が紹介されました。

食べるだけで痩せるなんてすごい話ですね。

きゅうり

きゅうりは痩せる

水だけの栄養価まるでなしのダメ野菜みたいに言われるきゅうりですが、

実は「ホスホリパーゼ」という脂肪を分解する成分が豊富なんです。

 

ただ、キュウリは熱に弱いから加熱したらダメです。

まぁ、きゅうりを加熱して食べることってあんまりないと思うんでこれは大丈夫でしょう。

 

そしてきゅうりのホスホリパーゼをさらに高める食べ方があります。

それは「すりおろし」です!

 

きゅうりをすりおろして食べれば最強のダイエット食材になるとのこと。

番組内でも慈恵医大の管理栄養士「赤石定典」先生がめっちゃ痩せると断言していましたね。

 

とうもろこし

とうもろこしは食べるとやせる

とうもろこしってやつはビタミンB群(B1・B2・B6)が豊富で、他の野菜の2倍はあります。

おかげでめちゃくちゃ痩せるそうで。

 

ただこれも水溶性で熱に弱いから、蒸して食べるのがおすすめ。

さらに皮ごと蒸すのが一番良いそうです。

 

そもそもとうもろこしは食べる時必然的に良く噛みますよね。

良く噛むことで代謝も高まるからさらに痩せるということなんだそうで。

 

えのき

えのきは解凍してから食べると痩せる

えのきも内臓脂肪を燃やす効果があるんだとか。

ただ、一度凍らせて解凍してから食べるとさらに内臓脂肪燃焼効果が高まるんだそうです。